卒乳前後で胸の大きさが変わるってホント!?

1.卒乳前後で変わる胸の大きさ

皆様は、「授乳が終わると胸の大きさが小さくなる」という話を聞いたことがありませんか?

実は女性の胸は、卒乳の前と後でそのサイズが変わってきます。
人によっては、2カップ以上サイズが変わることもあるのだそうです。

というのも妊娠中や出産直後、そして授乳をしている間は女性ホルモンの分泌量や乳腺を刺激する作用があるプロラクチンの分泌量が増えているため、胸が大きくなっています。

ところが卒乳をしてしばらくすると女性ホルモンの分泌量もプロラクチンの分泌量も少なくなってしまうため、乳腺が退化してきます。

女性の胸は乳腺の周りに脂肪がつくことによって膨らんでいますので、乳腺が退化する結果、胸の大きさが小さくなってしまうというわけです。

2.卒乳後のバストケア法

では、卒乳後も胸の大きさを保つためにはどうすればいいのでしょうか。
ここからは、卒乳後にしていただきたいバストケア法についてご紹介させていただきます。

卒乳後におすすめしたいバストケア法としてはまず、大胸筋のトレーニングが挙げられます。
大胸筋というのは胸を支えている“土台”のような役割を果たしている筋肉です。
そのためこの大胸筋を鍛えると、胸の土台をしっかりとさせて、バストアップを図ることができるのです。

ちなみに大胸筋のトレーニングは卒乳後からではなく、授乳中に行っても差し支えありません。

卒乳後も胸の大きさを維持するためにはまた、バストアップサプリを摂取するというのもおすすめです。
バストアップサプリとはその名の通り胸を大きくする作用がある成分が配合されているサプリメントのことで、これを摂取することによってバストアップすることができます。

ただしバストアップサプリメントは、卒乳後初めての生理を迎え、卵胞期が来てから飲み始めることをおすすめします。
というのも卒乳してすぐの間はプロラクチンが盛んに分泌されているため、サプリメント本来の効果を得ることができないのです。

さらに卒乳後も胸の大きさをキープするためには、バストマッサージをしたり育乳ブラをつけたり、バストを吊りあげる役割を持つクーパー靭帯を保護したりすることも効果的です。

妊娠・出産をしてもきちんとしたバストケアさえ行っていれば胸の大きさや形をキープすることは十分に可能ですので、卒乳後の胸の大きさの変化にお悩みの方は、ここでご紹介させていただいた方法をお試しください。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ