授乳後のバストアップサプリは本当に有効!?

1.授乳後の悩み

女性は妊娠するとバストが張って大きくなるのですが、授乳後はバストがしぼんでしまったり、垂れてしまったりすることがあります。

妊娠中や出産直後は女性ホルモンの分泌量が多くなっているためバストの中の乳腺が刺激されてバストが大きくなっているのですが、女性ホルモンの分泌量が低下してくると、それまで張っていたバストがしぼんで、小さくなってしまうのです。
またバストが大きくなるとこれを吊っている「クーパー靭帯」に負荷がかかるのですが、人によってはその負荷が原因となってクーパー靭帯が伸びたり切れたりして、バストが垂れてしまうこともあります。

2.バストアップサプリの効果

では、授乳後にサイズダウンしたり垂れたりしてしまったバストを大きくするためには、一体どうすればいいのでしょうか。

一つおすすめの方法として、サプリメントを摂取する、というものがあります。

現在様々なメーカーから色々なサプリメントが販売されていますが、その中にはバストアップ効果があるサプリメントも存在します。
そしてそういったサプリメントには、女性ホルモンと同様の働きを持つ大豆イソフラボンや美肌効果のある成分などが配合されており、これを服用することによってバストアップ効果を得ることができるのです。

ちなみにバストアップサプリを飲み始めるタイミングですが、卒乳をして初めての生理を迎えた後の卵胞期をおすすめします。
というのも授乳をするのを辞めてからしばらくの間は、プロラクチンという母乳を生成する作用があるホルモンの分泌が続いており、サプリメントを摂取したとしても本来の効果を得ることができません。

そのためバストアップサプリを飲むのは、断乳をしてしばらくしてからがオススメなのです。

3.サプリだけに頼らない!!

バストアップサプリには、女性ホルモンと類似の働きを持つ作用のある成分を含め、バストアップに有効な成分が沢山配合されています。
しかしだからといってサプリメントだけに頼っていれば安心なのかというと、そういうわけではありません。

どんなに効果の高いサプリメントを飲んでいても、サイズが合わないブラジャーをつけていたり胸の筋肉が衰えていたりすると、バストアップ効果を得ることはできないのです。

美しいバストを手に入れたいのであれば、サプリメントの摂取に加えてバストマッサージをしたり胸筋を鍛えたり、体のサイズに合ったブラジャーをつけたりするようにしましょう。

コメントを残す

*
サブコンテンツ

このページの先頭へ