妊娠中から始めよう!バストケアで産後の体が大きく変わります

1度しかないこの人生を女としてこの世に生を受けたのですから、美しいバストを手に入れたいと思う気持ちは皆持っていると思います。ですが温泉などで女性の裸を見ると、つい気になってしまうのが“垂れてしまったオッパイ”です。ああいうバストになりたくない!と思っているだけではいけません。妊娠し、出産したあかつきにはバストのランクアップは当たり前。大きくなったバストになんのケアもしなければ、授乳が終わればあっという間にしぼんで垂れてしまいます。妊娠中からしっかりと、バストのケアをしていきましょう!

 

■妊娠中は“保湿”をメインに行いましょう!

 妊娠したら、どんなに努力しても必ず少しは体重が増加してしまいます。バストが産後に備えて大きく膨らむのも体重の増加に関係しているといえます。そんな妊娠中は、保湿をメインに行うのが良いです。“肉割れ”って、ご存じでしょうか。成長期に一気に背が伸びすぎた人や、肥満だった人が痩せたりするととても目立つ皮膚の割れた痕です。妊娠線もその肉割れの一種で、皮膚が乾燥しているとバストにもその線が出来てしまいますから、しっかりと毎日保湿を心がけてください。

 

■とにかくバストに負荷をかけないことがなによりも大事です。

 妊娠中にしっかり保湿を行なった次は、産後のケアについてです。まず、授乳の体勢に気をつけましょう。前かがみになって、オッパイを吸う赤ちゃんにバストを吸い下げられてはいませんか?しっかり抱えてバストを引き上げる筋肉や筋を伸ばしきってしまわないように気をつけましょう。また、普段の生活でもゆるゆるのブラジャーをつけていては、大きくなって重たくなったバストを支えるために、筋が伸びてしまいます。一度伸びてしまった筋はそう簡単には戻ってくれません。いかにバストに負荷をかけずに生活をするか…というのが大変重要になってきます。

 

■卒乳は、ゆっくり期間を設けて行いましょう。

授乳というのは、愛おしい時間でもありますが自分の体に自由がきかない大変な時間でもあります。離乳が進み、卒乳させよう!と思ったら一気に進めてしまうママさんが多いですが、バストへの負荷を考えると、2~3か月ほどかけて徐々に母乳の生成量を抑えながら卒乳するのがベストです。一気に卒乳してしまうと、その後一気にオッパイがしぼみ、垂れてしまうのです。ここは時間をかけて根気よく、焦らずゆっくりと卒乳して美しいバストを保ってくださいね。

 

妊娠時期の体の悩みを、1つで総合ケアできるのがコチラ

ベルタ妊娠線クリーム

サブコンテンツ

このページの先頭へ