胸の形がよくなる方法

女性に生まれたからには、いくつになっても美しい胸の形をキープしていたいですよね。
では、胸の形をよくするためには具体的にどうすればいいのでしょうか。
ここでは、胸の形がよくなる方法についてご紹介させていただきます。

1.自分のサイズに合ったブラジャーを使用する

胸の形がよくなる方法としてはまず、自分のサイズに合ったブラジャーを使用する、というものが挙げられます。

女性は一日のうちかなりの時間、ブラジャーをつけて生活していると思います。
そのため体型に合っていないブラジャーを使用していると、胸の形をキープすることができず徐々にその形が崩れて行ってしまうのです。
実際、胸の形が悪い方のほとんどが、サイズが合っていないブラジャーや胸の形に合っていないブラジャーを使用しているというデータもあります。

皆様は、定期的に胸のサイズを計測していますか?
多くの女性は急に太ったり痩せたりしない限りずっと同じサイズのブラジャーを使っているというかと思いますが、例え体重があまり変化していなくても、女性の胸のサイズは変化することがあります。

そこでブラジャーを購入するにあたってはその都度バストサイズを計測し、自分の胸のサイズと形に合ったものを使用されることをおすすめします。

2.マッサージをする

胸の形がよくなる方法としてはまた、マッサージをする、というものも挙げられます。

実は胸には、バストにハリを与えたりバストサイズを大きくしたりする効果があるツボが沢山あります。
そのため胸のマッサージをすると、胸の形を崩さずキープすることができるのです。

女性の中には左右の胸の大きさが違うことに悩まされている方が沢山いらっしゃいますが、こういった方は小さい方の胸をマッサージすることによって左右のサイズを近づけていくことができます。

ただし胸のマッサージをするにあたっては、あまり力を入れすぎず優しく指圧するようにしましょう。
というのも胸はそのほとんどが脂肪でできているため、力を入れすぎると脂肪を燃焼させて、胸を大きくするどころか小さくしてしまうことがあるのです。

また胸は優しく円を描くようにマッサージするようにし、爪を立てたり、肌を摩擦したりしないようにしましょう。
胸は他の部分と比べて皮膚が薄くなっているため、ちょっとした刺激が原因で肌トラブルを起こしたり、肌を傷つけてしまったりすることがあるのです。

美しい胸の形を維持するためには美しい肌をキープすることも大切ですので、マッサージをする際はこういった点にも注意しましょう。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ