胸を維持するためにやってはいけないダイエット法とは!?

減量をしたいけれど胸のサイズを落とすのは絶対にイヤ!!
胸を維持して美しくダイエットをしたい!!

ダイエットをしている女性の多くは、胸を維持して痩せたいと思っていることと思います。しかしこの思いとは裏腹に、実は間違ったダイエット法を実践している方も沢山いらっしゃいます。

そこで今回は、胸を維持するためにやってはいけないダイエット法についてご紹介させていただきます。

1.過度な食事制限

ダイエットをしている方がよくやってしまいがちなのが、過度な食事制限です。
人間の体は食べなければ必ず痩せますので、過度な食事制限は手っ取り早く体重を落とすためには有効なのかもしれませんが、胸を維持するという点においては最悪の方法と言えます。

というのも体内に取り込まれる栄養素が不足すると、人間の体は生命を維持するために必要な部分から優先してその栄養素を送り込もうとします。
そしてそれでも足りない場合には、不必要な部分についている脂肪から優先して燃焼させようとします。
その第一候補として挙げられるのが、胸についている脂肪なのです。

つまり過度の食事制限によるダイエットをするということは、胸を犠牲にしたダイエットをするということとイコールであるというわけです。

2.激しい運動

ダイエットをして減量するためには、運動をすることによって摂取したカロリーを消費することが有効です。
しかしだからといって、激しい運動をするのはできるだけ控えましょう。

というのも脂肪には、揺れると燃焼するという性質があります。
そのため縄跳びやジョギングなど、胸が激しく揺らされるような運動をすると、それによって胸の脂肪が落ちてバストのサイズが小さくなってしまうことがあるのです。

そこで胸を維持してダイエットのためには、ウォーキングなどのあまり胸が揺れない運動をするようにしましょう。
そうすることによって、胸のサイズをキープしつつ綺麗に痩せることができます。

3.食事制限のみで痩せる

運動が苦手な女性の中には、食事制限のみで痩せようとする方がいらっしゃいます。
しかしこれは絶対にやめましょう。

というのも食事制限によって体内に取り込まれる栄養素が不足すると、どうしても筋肉が落ちてしまいます。
そうすると胸についている筋肉までもが落ちて、胸が小さくなったり、形が崩れてしまったりすることがあるのです。

美しく痩せるためには、カロリー制限をするとともに適度な運動をすることが大切です。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ