バストの形にコンプレックスがある方必見!!自力で胸の形を良くする方法

胸に関する悩みは、何も大きさに関わることだけではありません。もちろん胸を大きくすることは大切ですが、大きければいい、というものでもありませんよね。そう、「美乳」と言われるためには“形”もキレイである必要があるのです。

胸の形を良くする方法として手っ取り早いのはやはり“手術”でしょうが、手術にはリスクが伴ううえそれなりに費用も掛かるため、なかなか踏み切ることができませんよね。そこで今回は、自力でできる、胸の形を良くする方法についてご紹介させていただきます。

1.大胸筋のトレーニングをする

女性の胸は、大胸筋の上に乳房が乗っかっているような構造になっていて、大胸筋と乳房とは、クーパー靭帯という組織によって?がれています。つまり大胸筋は、バストの「土台」としての役割を果たしているというわけですね。

ちょっと家を建てる時のことを想像していただきたいのですが、しっかりとした基礎の上に建てられている家と不安定な基礎の上に建てられている家、どちらが崩れやすいと思いますか?

考えるまでもなく、後者ですよね。

バストに関してもこれと同じことが言え、土台となっている大胸筋が衰えてくると、その上に乗っている乳房も当然垂れてきてしまうのです。そこで綺麗なバストを維持するためには、日頃から大胸筋のトレーニングをしていきましょう。
トレーニング方法には色々なものがありますが、壁から少し離れたところに立ち、壁に片手をついて腕の力だけで状態を支えながら壁に近づいていく、という簡単な方法でも、大胸筋を鍛えることができます。

女性の皆様は、ぜひ実践してみてくださいね。

2.ナイトブラをつける

胸の形を良くする補法としては、ナイトブラをつける、というのもおすすめです。女性の胸は乳腺とその周りについた脂肪とによって構成されているのですが、脂肪には、固定されることによってその形に変わっていく、という特徴があります。そのため日中はもちろん就寝中もナイトブラをつけて胸を正しい位置に固定することによって、美しい形をキープすることができるというわけです。

ちなみにナイトブラをつけることは、乳房が両側に離れるのを防いだり胸が垂れるのを防いだりするのにも効果的です。

最近は締め付け感が少なくつけていても違和感が感じられないナイトブラも沢山販売されていますので、ぜひ利用してみてください。

以上のように、胸の形は簡単なセルフケアによっても良くしていくことができます。胸の形に関してコンプレックスを抱えているという方は、これらの方法を実践してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ