胸を大きくするのに効果的なツボ

胸やその周りには、胸を大きくするのに効果的なツボが沢山あります。ツボを刺激するだけで胸を大きくすることができると、ちょっと得した気分になれますよね。今回は、胸を大きくするのに効果的なツボについて、解説させていただきます。

1.だん中

だん中は、両胸の乳首をまっすぐ結び、その中心に当たる部分にあります。ちょうど、胸の谷間のあたりですね。指で押してみると痛みを感じる部分がありますので、探してみてください。だん中は女性ホルモンの働きを活性化させてくれるツボですので、ここを刺激することによって胸に脂肪がつきやすくなったり乳腺が発達しやすくなったりして、効率よく胸を大きくすることができます。

2.天渓

天渓は、両胸の乳首を直線で結び、その線と胸の端とがぶつかる部分にあります。このツボはちょうど骨と骨との間にあり押すと痛みを感じますので、すぐにわかるかと思います。天渓を指圧するときは、親指の腹を使い内側に向かって、左右の乳房を持ち上げるようにするのがポイントです。

天渓には乳腺を発達させる効果がありますので、日常的にこのツボを刺激して乳腺を発達させ、胸を大きくしていきましょう。

3.乳根

乳根は、乳頭から3センチ程度下の部分にあります。第五肋骨間にあるのですがある程度胸がある方の場合、その下にある骨格が触れないためよくわからないかもしれません。そういった方は、乳酔う方指2本分くらい下の位置を指圧してみましょう。

乳根には女性ホルモンの分泌を促したり、リンパの流れを促したりする作用があります。つまり乳根を刺激すれば、バスト周りの“めぐり”を良くするとともに乳腺を発達させ、胸を大きくすることができるというわけですね。

乳根を刺激する際は指の腹を使ってツボを3秒程度指圧し、その後ゆっくり指を離す、というのを3回から5回くらい繰り返しましょう。

4.ツボ押しをする際の注意点

以上のように胸やその周りにはバストアップに効果的な“ツボ”が沢山ありますが、ツボ押しをする際には一つだけ注意していただきたい点があります。

それは、「無理をしない」ということです。

痛みを我慢して強い力でツボを刺激したり、ただやみくもに胸を揉んだりしていると、胸を大きくするどころか脂肪を落として胸のサイズが小さくなってしまうこともあります。また無理な指圧によって、皮膚に負担がかかり肌荒れしてしまうという可能性もあります。

女性の胸は皮膚が薄く非常にデリケートな作りになっていますので、指圧をする際は“イタ気持ちいい”程度に優しくすることを心がけましょう。

コメントを残す

*
サブコンテンツ

このページの先頭へ