必見!!胸の左右差を改善する3つの方法

皆様の中にも、胸の左右差に悩まされている方が沢山いらっしゃるかと思います。
そこでここでは、胸の左右差を改善するために実践していただきたい、3つの方法をご紹介させていただきます。

1.マッサージ&ツボ押し

胸の大きさを左右で揃えるためにはまず、小さい方の胸をマッサージしたり、ツボ押ししたりすることをおすすめします。
女性の胸は乳腺の周りに脂肪がつくことによって膨らんでいますので、マッサージをして乳腺を発達させることによって、バストアップを図ることができるのです。

またマッサージやツボ押しにはリンパの流れを促したり血行を促進したりする作用があります。
そのためマッサージとツボ押しをすれば新陳代謝を促進し、小さい方の胸を大きくすることができるのです。

ただしマッサージをする際は、あまり力を入れすぎないようにしましょう。
大切な胸を傷つけてしまわないためには、あくまで優しく、ソフトな力加減でマッサージをすることが重要です。

2.利き腕でない方の腕を使う

胸の左右差を改善するためにはまた、利き腕ではない方の腕をつかうようにするというのもおすすめです。
人はどうしても利き腕でものを持ったり利き腕ばかりをつかったりしがちですが、そうすると利き腕側の大胸筋ばかりが発達してしまいます。
大胸筋というのは胸を支える土台のような役割を担う筋肉ですので、左右でその筋肉の大きさに違いがあると、当然バストサイズにも差が出てくるのです。

そこで胸の左右差を改善するためには、日頃から利き腕ばかりを使用せず、あえて利き腕ではない方の腕を使ってみることをおすすめします。
大胸筋は胸の土台となる筋肉ですので、左右対称になるように鍛えることをおすすめします。

3.姿勢を矯正する

胸の左右差を改善するためには、姿勢を矯正し、背筋を伸ばすことも有効です。
人は姿勢が悪いと骨盤が歪み、その影響で左右の胸の大きさに違いが生じてくることがあります。

この点、姿勢を矯正すると骨盤の歪みが直り、胸の左右差が改善されることがあるのです。

また背筋を伸ばすとそれだけで大胸筋が鍛えられますので、バストアップという観点から見ても、姿勢の矯正は非常に有効です。

以上のように、バストの左右差はごく簡単なトレーニングやマッサージ、日常生活における心がけで改善していくことが可能です。
現在胸の左右差に悩まされているという方は、ぜひここでご紹介させていただいた方法を試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ