ジョギングで胸が落ちるってホント!?

1.脂肪は揺らすと落ちる!?

「ジョギングをすると胸が落ちる。」
そんな話を聞いたことはありませんか!?

皆様の中にもダイエットや体力作りのためにジョギングをしている方がいらっしゃるかと思いますが、ジョギングをすると、胸が落ちてしまうことがあります。
では、どうしてジョギングによって胸が落ちてしまうのでしょうか。

胸は筋肉と乳腺、そして脂肪でできていますが、脂肪には揺れると燃焼されるという性質があります。
そのためジョギングをすると胸が揺れて、胸が落ちてしまうことがあるのです。

またジョギングは、長時間にわたって体内に酸素を取り込む有酸素運動であるため、ジョギングを行うと体内の脂肪が燃焼されます。
そして人間の体には余分な脂肪から燃焼しようとする性質があるため、ジョギングをすること自体が原因で胸が落ちてしまうこともあります。

2.胸のサイズを守るジョギング法

ではジョギングをしても胸のサイズを落とさないようにするためには、一体どうすればいいのでしょうか。

胸のサイズを守るためにはまず、ジョギングを行う際にスポーツブラを着用されることをおすすめします。
通常のブラジャーではなくスポーツブラを装着することによってジョギング中に胸が揺れるのを防ぎ、胸が落ちてしまわないようにすることができるのです。

3.他の方法のダイエットを検討してみよう

女性の中には、美しく痩せることを目的としてジョギングをしている方も多いかと思います。
確かにジョギングは有酸素運動のひとつであり有酸素運動は脂肪を燃焼させるのに効果的なのですが、ジョギングには胸を小さくしてしまうというデメリットもあります。

そこで美しく痩せたいということであれば、ジョギング以外の方法を検討してみるというのもおすすめです。
例えばウォーキングをすると体が激しく上下に揺すられるということがないため、ジョギングのように胸が落ちるということはありません。

またストレッチや筋トレなどピンポイントで脂肪を燃焼させたり体のめぐりを良くしたりすることができる運動も、胸を落とさないでスタイルを良くするには効果的です。

美しく痩せる方法はジョギング以外にも色々とありますので、ジョギングをすることによって胸が落ちることが気になるという方は、他の運動によるダイエットをおすすめします。

またストレス解消や趣味のためにどうしてもジョギングをしたいという場合には、スポーツブラを着用したりさらしを巻いたりすることによって、胸が揺れるのを防ぎましょう。

コメントを残す

*
サブコンテンツ

このページの先頭へ