ブラジャーの付け方をマスターして胸を2サイズ大きく!!

1.正しいブラの付け方、知っていますか?

普段何気なく使っているブラジャー。
皆様は毎日どのようにつけていますか?

ある機関が行った調査によると、世の女性のなんと80パーセント以上の方が、間違ったブラジャーの付け方をしているのだそうです。
ブラジャーを正しくつけると胸の形を良くすることができるというのはもちろん、胸の発育を促して大きくすることだって可能です。

胸を大きくするにはまず、ブラジャーの正しいつけ方をマスターするところから始めましょう。

2.正しいブラの付け方

それでは早速、正しいブラジャーの付け方を解説していきます。

ブラを装着する際ですが、まずは前かがみになって、ブラのカップで胸を覆ってからホックを留めましょう。

次に胸を覆ったカップに就いているワイヤーを胸の下に入れ、片手でしっかりとおさえます。
そしてカップの中にもう片方の手を入れ、ワキや背中のお肉をカップの中に集めて入れていきます。
これは通称“谷間メイク”と呼ばれる工程で、これを行うだけで谷間を作り、胸をボリューミーに見せることができます。

谷間メイクができたら姿勢をもとに戻し、ストラップを調節します。

そして最後に全体を鏡で見て、ワキのお肉がブラジャーからはみ出ていないか、カップの位置は正しいかといったことをチェックしましょう。

いかがでしょうか。
皆様は毎日、これだけの手順を経ていますでしょうか?

もしもこれまで間違ったブラの付け方をしてきたという方は、今日から上記の方法を実践してみてください。
もしかしたら、胸のサイズが2サイズ程度アップするかもしれませんよ?

3.ブラジャーの要は肩ひも!?

ここまで正しいブラジャーの付け方について解説してきましたが、ブラジャーをつけるにあたってはもう一つ、大切なことがあります。
それは、肩ひもを調節してブラのカップをしっかりと上げるということです。

女性の胸は何もつけていない状態ですと、重力に従って下方向に下がってしまいます。
また下がるだけではなく左右に広がってしまうこともあります。

こういった胸の型崩れを補正してくれるのがブラジャーというわけなのですが、肩ひもをきちんと調節できていなければ、ブラジャー本来の効果を発揮することができません。

そこでブラジャーを付けた後は、肩ひもを調節し、“これ以上は上がらない”というところまでカップを上に上げましょう。
バストの下のラインとアンダーラインとが一直線になるのが理想的です。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ